切手king

切手買取では保存状態で値段に差が出る

実家などを相続した場合、押し入れの中から沢山の切手が出てくるケースも見られます。興味がない場合は取り扱いに困ることも多いのですが、そんな時は切手買取業者に買ってもらうのも得策です。ただし、高値で切手を売るには保存状態も大切ですから、切手買取業者に売るまでは、大事に保管しておきましょう。黄ばんでいても買取価格は下がるので、直射日光が当たる所へ出しっ放しにしないよう、気を付けたいところです。また、見た目は綺麗でも、裏糊が落ちていれば価値は下がります。ですから手汗などで切手を汚さないためにも、触れる時はピンセットを使うか、清潔な手袋をはめておきましょう。関心がない場合は素手で触るかもしれませんが、価値が高い可能性もありますから、注意しておくのが一番です。傷みの激しい切手は買取を断られるケースもあるので、大切に扱いましょう。とはいえ切手買取店の中には、コンディションが悪い切手でも買ってくれる業者も揃っていますから、諦める必要はありません。そのタイプの業者なら例え折れていても査定してくれるため、袋詰めのバラ切手などを買って欲しい時にも重宝します。